公園の手漕ぎボートって、どうなの・・・?

人生で初めて手漕ぎボートに乗りました。
大きい公園の池にある手漕ぎボート・・・。
いつも閑散としていて、一体だれが乗るんだろうと思っていたボートに、まさか自分が乗るとは。
きっかけは夫が「ボートって楽しいのかな」と言い出したことです。
公園で行われていたライブイベントの途中、公園内を散歩していた時に、まさにその閑散としたボート池を見ながらの一言でした。
お互い子供の頃に乗った思い出もなく、はっきりいって謎の乗りもの。
「この歳になってもまだ初体験ってのがあるなー」と言い出したので、だったら乗ってみるかという話に発展しました。
30分数百円の利用料を支払って、乗り込みます。
お世辞にもきれいとは言えない池、しかも足こぎボート(遊園地にある白鳥ボートみたいなもの)と違って水面がすぐそこ。
乗り込む際のゆらぎでいつひっくり返ってもおかしくない不安定さ・・・。
このオールが流れたらどうなるんだろうという不安不安・・・。
しかし結論、すっごく楽しかった!
池の上で感じる風があんなに気持ちのいいものだとは思わなかったし、漕ぎ出してしまえばゆらゆらと気持ちの良いゆらぎ。
天気の良さも手伝ってとても快適な30分。
なにより、池を貸し切った、プチ贅沢感。
おりたあと、また乗ることを誓っていました・・・。
なんでも体験してみるものだなぁ。